優良塾[宇野辺校] ブログ

2021.03.23 23:57
勉強

地図の図法

こんにちは(^^)/
大阪府北摂(吹田市、茨木市)の個別指導塾、優良塾宇野辺校です!
今日は、先日生徒と話題になった、世界地図の図法について調べました(^^♪

地球を平面にするには…

地球は地球儀を見てもらえばわかる通り、球の形をしています。
これを平面の地図にするには、2次元に表示しなおさなくてはなりません。
しかしここでひとつ問題が発生します。
3次元のものを2次元に描き直すときには必ず歪みが生じてしまい、
面積・角度・距離を同時に全て正しく表示することはできないのです。


この「歪み」を直して、3次元の物を2次元の平面に
正確に描写するための手法を投影法(投影図法・投影画法とも)と言います。
今日は、よく使われている3つの投影法を紹介します。

モルワイデ図法

19世紀にドイツのモルワイデが考案した図法です。
地球を楕円形にして、 北極と南極に近い地方の形のゆがみを少なくした図法です。

この図法は、面積を正しく表した図法です。
面積が正しい地図は、人口の分布図として利用されます。
距離や方位は正しくないです!

メルカトル図法

16世紀にフランドル(現在のベルギー)出身のゲラルドゥス・メルカトルが考えた地図です。
地球儀を円筒に描いたものです。

緯線と経線が直角に交わるように描かれており、
角度を正確に表した地図の図法です。
この図法は、主に、航海図に利用されます。

また、球体のものを無理やり真横に広げているので、北極や南極付近の国は拡大された形で表されてしまいます。
ということは、面積や方位が正しくないのが欠点です。

正距方位図法

正距方位図法は、中心からの距離と方位を正しく表した図法で、
主に、飛行機の最短経路や方位を見るために使われています。


そのため、飛行機の航路を考えるときの航空図として利用されます。
この図法では、中心からはなれるにつれ,土地の形のゆがみがひどくなります。

主に使われているのはこの3つの図法です。
違いをしっかり押さえておきましょう(^^♪


塾長はこんな人!

――――――――――――

個別指導塾 優良塾宇野辺校

・住所: 大阪府茨木市宇野辺1丁目4−3 1F
・電話:072-631-6122
公式LINE
Instagram