優良塾[宇野辺校] ブログ

2021.07.14 16:11
勉強

†シャドーイング†

英語 塾 シャドー

こんにちは(^^)/
大阪府北摂(吹田市、茨木市)の個別指導塾、優良塾宇野辺校です!

今日は英語学習の一つの手法「シャドーイング(shadowing)」の紹介です。
リスニング、ひいては第二言語「習得」(=忘れない)の役に立つ学習方法の一つですね!

シャドーイングとは

シャドーイングとは、音を聞くとほぼ同時に発声することを言います。
英文が読まれた直後に後を追うように発声しなければなりません。

つまり、「聞く」と「話す」をほぼ同時に行う必要があるわけですね!
初めてやる人は結構負担が大きい作業かもしれません。

実際にシャドーイングを行う際の手順

まずは、シャドーイングに使う教材を準備してください。
テキストについているものでもよいし、新しく買ってもよいです。
ここで選ぶ音源ですが、1~数分程度で、自分が思うより簡単なものが良いです!
まずは無理なく聞き取れるものを選びましょう。

音源を聞く

次に、その音源を一度何も見ずに聞きます。
大体の意味を把握できればなおよいです。
この時点でなにも聞き取れないようであれば、レベルが高すぎます。
別の音源も検討しましょう(^^)/

テキストの確認

テキストの英文を確認します。
自分が聞き取れなかったところ、
意味の分からなかったところを重点的に読んでおきましょう。
訳があるなら、意味も確認しておきます。

テキストを見ながら音声に合わせて読む

英文の確認ができたら、もう一度音声を流し、
その音声にぴったり合わせて音読します
この時点で、発音の間違いなどは確認して直しておきましょう。
自分で発音できない語はすなわち、リスニングもできません。
注意しながら聞きましょう!

シャドーイング!

テキストをとじて音声を流します。
音声のできるだけすぐあとをついて発声していきます。

途中でつまってしまっても、気にせずすぐに入れるところから再開すれば大丈夫です。

以上が、シャドーイングの手順の一例です!
慣れてきたり、こんな時間無い!めんどくさい!!という方は

塾に来る途中や、何もやることがない時に、
英文を聞きながらいきなりシャドーイングをしてください。
もちろん、音声を聞いて、テキストを確認して、一緒に読んで…という手順を踏まない分、
より簡単な英文でないといけないですし、
音声を聞くとき、テキストを確認したときにわからない単語や発音があるようであれば、
レベルを下げるなり、しっかりした手順でやりなおすことが必要になります。

もし、声を出せない状況であれば、「サイレントシャドーイング」と言って、
実際に声は出さないけど頭の中と口の中だけで英語を発音する方法でやります。

ものを覚える方法としては、先日もブログで書きましたが、
視覚と聴覚などいくつか手法を組み合わせて学習するのが効果的なので
個人的には小さな声でもいいので唱えてほしいところです。
(頭の中だと、実際は発音できない単語も、できるような気がしてしまうため)

暗記特集1   暗記特集追記

実際にこの手法を使っている生徒さんによると、
同じテキストを繰り返し何度も聞いていると、
そのテキストに関する空欄補充の問題もなんとなくで解ける!とのことでした。

そこから一歩進むには、意味を理解しながら聞くことや、
大事な表現を他の文章でも応用して使いこなせることが大事だと思います。

そして、1番良いのは英語を英語のまま理解するこれが出来れば、
わざわざ日本語に変換して理解するという時間が必要ないから早く問題が解けるようになりますね。

今はとても英語教育が重視されていますし、
就職においても英語が使いこなせれば、とても有利です!

薫英女学院の塾限定説明会でも外務省の2等書記官として
今も海外で活躍されている方の話も聞きましたが、
生涯役に立つスキルとして英語を習得するのはとても良いと思います。


そうでなくとも、前置詞の使い方や英語の文章の作り方(≒文型)が難しい…
という人がとても多いので、例文を丸暗記するという形で
感覚的に英語の語順を理解するのもアリではないでしょうか?

試してみてください(^^)/


TOPに戻る

――――――――――――――――――――――――
このブログを読んだ人にはこちらもおすすめ!

塾長はこんな人!

【生徒さん発】なんでも相談室シリーズ

塾に通ったことがない私の思う塾のメリット

超個人的!勉強おすすめ音楽!

――――――――――――――――――――――――

個別指導塾 優良塾宇野辺校

・住所: 大阪府茨木市宇野辺1丁目4−3 1F
・電話:072-631-6122
公式LINE
Instagram