成上館[鶴見諸口校] ブログ

2021.06.05 17:43
学習法

英語と国語の繋がり

英語の本

こんにちは。大阪市の個別指導塾 成上館 鶴見諸口校の浅野です。
本日は英語と国語の繋がりについてです。

英語と国語に共通するところは?

クイズです。
英語と国語に共通するところを述べなさい(成上館) ←こう書くと過去問っぽいですね。

「語?」
「それも正解で良いですが、正解は『言語』でした」
これだとクイズにならないので、詳しく見ていきましょう。

まずは単語

どんな言語を覚えるときも、単語をマスターする必要があります。
言葉が全く通じないところに場所に行ったら、最初に知らないといけない言葉は、
「これは何? What’s this?」らしいです。
モノと単語とがイコールで結ばれる、これで言語ができあがっているわけです。

また私たち日本人が日本語をマスターしているつもりでも、
日本語の語彙力が無いと、簡単なことしか話すことができない上に、
理解することもできなくなります。
当然英語も同じで、知っている単語量を増やしていくことは重要です。

次に文法

文を構成しているルールが文法です。
この文はどういうルールに従って組み立てられたのか、
そういった理解は単語の次に重要です。
ルールもわからずに単語を並べるだけでは、通じるかもしれませんが、
カタコトで話しているのと同じですね。

2種類の言語を比較する

この記事で本当に言いたかったことはこれです。
英語を「難しい」とずっと勉強していても辛くなってきます。
たまに日本語とどう違うのか、比較してみましょう。
これで見えてくるものはたくさんあります。
一例を出しますと、

★日本語は兄、弟、姉、妹とはっきり区別できますが、
brotherとsisterだけではどっちかを区別しません。

★日本語の一人称は
わたし、わたくし、僕、俺、拙者、拙僧、小生、うち、ワシ、朕など
山ほどありますが、英語はIだけです。
他あるとしてもWeくらいです。

こうした言語のなぜ?を突き詰めると文化的な背景が見えてきます。
違いを楽しめるようになると、
もっと知りたいとなってくるはずです。

【大阪市の個別指導塾 成上館 鶴見諸口校】
住所:大阪市鶴見区諸口4-5-25
TEL:06-6926-9619
茨田中学校徒歩1分、横堤駅から徒歩10分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】