成上館[鶴見諸口校] ブログ

2021.01.18 22:23
学習法

漢字が苦手な人の学習法

漢字の問題を解く鶴見諸口校の生徒

大阪市鶴見区の鶴見諸口にある個別指導塾
成上館鶴見諸口校の浅野です。

あなたは漢字は得意でしょうか?
当塾では漢字が苦手という生徒が多いです。
漢字もやはりひたすら覚えるしかありませんが、
覚え方にはコツがあります。
苦手な生徒はほとんどがこのコツを知らないか、
知っていても実践していません。

コツ=部首の意味で覚える

部首には意味があります。
小学校で習うので知っている方も多いと思いますが、
きへん は木でできたもの、かねへん は金属でできたものが基本の意味です。
それでは、しめすへん(ネ)にくづき(月)はいかがでしょうか?
しめすへんは神様にまつわるものが多いです。
にくづきは体にまつわるものですね。

このように、部首の意味と形を覚えてから
同じ部首の漢字を覚えていく
と身につきやすいです。

なぜ身につきやすくなるのか

個々バラバラに覚えると、思い出すときの手がかりが少なくなり、
記憶されにくくなります。
覚えるべき何かと何か(上記の場合は同じ部首の漢字同士)
結び付けることで、記憶力が強化されていくということです。
覚える量が多くなればなるほど、この効果はアップしていきます。
ぜひ実践してみてください。



優良塾 個別指導塾 成上館 鶴見諸口校
・住所:大阪市鶴見区諸口4丁目5-25
・電話:06-6926-9619
公式LINE
Instagram