優良塾[武庫豊町校] ブログ

2021.04.12 21:16
歴史の人物のコーナ

歴史上人物から学ぶコーナ第1回

こんにちは。尼崎市の個別指導塾 優良塾 武庫豊町校の小谷です。
本日から定期的に歴史上の自分から学ぶコーナを実施していきます。
大学進学の際に民俗学を専攻しようとしたほど歴史が好きですので全員紹介したいくらいなのですが、その中でもえりすぐりの人々を紹介させていただきます。

歴史は過去から学び、現代で成功するための教科だと考えています。

本日は自分が歴史上で一番好きで今話題になっている人物 渋沢栄一 を紹介させていただきます。

基本プロフィール

1840年3月16日生まれ                  
埼玉県深谷市出身
裕福な農家に生まれる
(野菜の卸売り業をしていたので幼少期から算術を学ぶ)
徳川慶喜の家臣になる
みずほ銀行、りそな銀行、王子製紙、東急グループ、東京海上日動、帝国ホテルなど多くの企業の立ち上げに関わる

成し遂げたこと

基本プロフィールでも書いたのですが渋沢栄一は様々な企業の立ち上げに関わっています。関西だと京阪電鉄の立ち上げにも渋沢栄一が関わっています。今ある日本を支える大企業のみずほ銀行、りそな銀行、東急不動産などを立ち上げ軌道に乗せた渋沢栄一は偉大な人物です。なのですが、あまり知名度がなく今回大河ドラマになりうれしく思います。今の日本を作ったといってもいいと思います。また日本銀行券の制度を考案したのも彼なのです。日本銀行券とは、今ある紙幣のことです。彼がいないと日本独自のお金がなく日本が今のように主要先進国の名を連ねることはなかったかもしれません。幕末、明治初期では西郷隆盛、伊藤博文など有名な人物が多数います(こちらの2人は面白いエピソードが多数あるので後日紹介させていただきます。)しかし渋沢栄一などの陰で支える優秀な人材が多数いたことで日本が近代化でき今の立ち位置があるのです。有名になることが悪いとは言いませんがこのように支えている人がたくさんいることを知っていただければと思います。これは現代社会でも同じです、生きて社会に関わっているすべての人が必要なのです。

過去から学ぶこと

渋沢栄一は幼少期から算術が得意で算術を必要とする環境に生まれました。幼少期の体験や環境は彼の過去を見ていても重要だと思います。また渋沢栄一は元気でよくいたずらをして友達も多かったといわれています、大人になっても交友関係は広く交友関係の広さから様々な事業に関わりました。これらから幼少期の環境は大切なのですが無理に勉強するのではなく、勉強に近い環境や雰囲気を作り学生の間は友好関係を広めていけば良いのではないか思います。
学生の時の友は一生の友だと思います。

【尼崎市の個別指導塾 優良塾 武庫豊町校】
住所:兵庫県尼崎市常吉2-3-10
TEL:06-7410-3138
武庫小学校、武庫の里小学校、武庫中学校から徒歩1分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】