優良塾[武庫豊町校] ブログ

2021.08.23 13:01
教育

夏休みの課題シリーズ(人権作文)

どこよりも面倒見の良い個別指導塾

こんにちは。尼崎市の個別指導塾 優良塾 武庫豊町校の小谷です。

夏休みが残り2日ということで作文がまだ手を付けられてないという方は多いのではないでしょうか、そこで今日は人権作文の書き方を解説したいと思います。

文章の構成

文章の構成でよく言われるのが「」になります。

起…事実から何が問題なるかを書く

承…起で述べたことの説明や問題点をかく

転…承で述べたことを別の視点や別の事例を書く

結…全体のまとめ

すべての文書がで書かれているわけでなくなど様々あります。ただわかりやすく書きやすいのはになるので今回はを用いて解説します。

解決方法を書く

終わりよければすべてよしという言葉があるように最後の締めくくりは重要になってきます。文章の構成では起で書いた問題をどのように解決するかになってきます。ただ、関係のないことを解決しても意味がないので例を挙げてみます。

起…プラスチックゴミは環境を破壊してる。

承…プラスチックは便利だがポイ捨てされることにより海が汚染される

転…動物が間違って食べ死亡し生態系に影響を及ぼす

結…プラスチックごみが様々な場所に影響しているのでプラスチックは便利だが必要最低限の使用に抑える。

プラスチックごみを例に構成を考えてみましたがこのようになります。まずではプラスチックごみは環境を破壊しているのでよくないという問題を言います。ではプラスチックごみがなぜ問題になるかを詳しく説明し読み手に問題の重要性を理解してもらいます。ここで1つテクニックになるのですが完全に否定するのではなくこのような別の意見もあると述べると説得力が増します。ではで述べた内容とは別で、より詳しく問題点を解説すれば解決しなくてはいけない重要性がわかります。では今までのの内容を踏まえてどのようにそれらの問題を解決するかを述べます。人権作文では世界の人々のため起で述べた内容を自分がどのように関わり、解決するかを述べれば、よいまとめになります。今回のプラスチックごみ問題だと必要最低限の使用に抑えるために、レジ袋はつかわないなどになります。

他の作文でも使える

この文章の構成は人権作文だけでなく、他の文章を書く時にも使えますし、国語の問題を解く際も使えます。文書題で段落では事実から問題を述べているから起になり、その後に説明が入ると承になるなど文の構成を知っていればやみくもに読むのではなく、今何を筆者は私たちに伝えたいかがわかります。これを機に少し意識して文章を書いたり読んだりしてみてください。

【尼崎市の個別指導塾 優良塾 武庫豊町校】
住所:兵庫県尼崎市常吉2-3-10
TEL:06-7410-3138
武庫小学校、武庫の里小学校、武庫中学校から徒歩1分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】