名学館[茨木水尾校] ブログ

2021.11.02 23:37
勉強法

模試の使い方

模試 受験勉強 勉強 高校生 中学生 

茨木市にある個別指導塾
名学館茨木水尾校の西(にし)です! 

11月、12月は高校生も中学生も模試をたくさん受ける時期だと思います。
模試を受けた後そのまま勉強机やファイルに入れたまま二度と見ないなどをしていませんか?

そんな皆さんに模試の正しい使い方を紹介したいと思います。
是非読んで参考にしてみてください。

①解けなかった問題をもう一度

この解けなかった問題とは模試を受けている間に
時間がなくて解けなかった問題のことです。
時間内に手をつけれなかった問題は
時間が十分ある場合では解けるのかこれを確かめるのは非常に大事なことです。

理由としては十分時間がある時に解くと解けるは
その問題を解く上での学力があるので試験で対策するべきは解く順番やスピードを上げる対策を
する必要があると言うことになるからです。
なのでまずは解けなかった問題を解き直してください。

②回答解説を見ながらやり直し

①の次にやることはそれでも間違えた問題を
回答解説を見て理解するです。回答解説を見て理解できるかは非常に大事な意味を持ちます。

なぜ大事なのかというと基礎の復習をし直さないといけないとこがわかるからです。
回答解説を見て理解できないはその単元の基礎がわかっていない可能性が高いです。
そのため理解できない範囲が出たらめんどくさがらずに一回基礎に戻ってやり直してください。

友だち追加

③解けなかった問題の分析→苦手分野の発見

次は②の延長線上だと思いますが非常に大事なとこなので書きたいと思います。
模試の分析とは偏差値を見て自分の現在の位置を確かめるのは大事だと思います。
しかしそれ以上に私は苦手分野がはっきり分かること気づけることが大事だと思います。

模試を受けてると毎回間違っているとこが一緒だったりすることがありませんか?
そこが自分の弱点であり苦手分野なので一番今勉強するべき単元です。受験まで時間は無限に
あるわけではありません。そのため今一番勉強すべきとこがわかるのは志望校合格までの
道のりを最短にできる
と言うことです。

④日を空けて解き直し

最後は日を開けての解き直しです。
自分の弱点を勉強して克服できたのかまた時間配分は完璧なのか
ここまで書いてきたことを全て確認できるので日を
開けて解くことは絶対にしてください。
ここまでやって完璧に模試を受けたと言うことに私はなると思います。

◆まとめ
今回書いてきたことをおさらいすると解けなかった問題の直し→
回答解説を見てやり直し→解けなかった問題の分析→日を開けて
解き直し
です。これから模試を受ける人すでに受けてる人も
今回書いたことを意識して模試を最大限いかして受験を
乗り越えてください。

模試 受験勉強 勉強 高校生 中学生 
模試 受験勉強 勉強 高校生 中学生 

友だち追加

この記事を読んだ方はコチラも是非!

効率重視!夏期講習の効果を上げる方法

【新学年対応】人に好かれる自己紹介。

勉強に必要なのは想像力。

成績が上がる子どもの特徴

公式LINEでいつでもお問い合わせできる

最新の記事はコチラ!

個別指導塾 名学館茨木水尾校

・住所: 大阪府茨木市水尾3-16-27
・電話:072-657-1719
公式LINE
Instagram