名学館[茨木水尾校] ブログ

2021.11.18 23:00
進路

【必見】赤本の使い方【高校入試編】

受験 入試 赤本 中学生 高校入試

茨木市にある個別指導塾
名学館茨木水尾校の赤松(あかまつ)です!

秋も深まり、中学生の皆さんはだんだんと周りが受験モードに入っているのを
感じる時期なのではないでしょうか?

ここでは赤本(高校入試用)の使い方を紹介していきます。
「初めて赤本を買ったけど、使い方が分からない!」という方は是非参考にしてください。

⓪そもそも「赤本」ってなに?

一般的に「赤本」とは、入試過去問題集のことを指します。
高校入試に関しては「英俊社」が出版している過去問題集の表紙が赤いため、
通称が「赤本」となっています。私立・公立を問わず、5ヵ年分の過去問題を
収録していることが多いです(学校や年によって変動することがあります)。
また、公立高校入試については、東京学参が出版している入試過去問題集もあります。

①入試制度をチェック

赤本を購入して、最初にやって欲しいことが入試制度の確認です。
自分が目指している学校やコースについて、次のことを押さえておきましょう。

1.試験内容
受験を行う上で最も重要なポイントです。
5教科(国語・数学・英語・理科・社会)が必要なのか、それとも受験不要な教科があるのか。
各教科の試験時間や試験の順番はどうなっているのか。
大阪府公立高校の場合は、学校・教科ごとにA問題~C問題に分かれているので、
そこも確認が必要です。
また、志望する高校次第では、面接や実技試験が課される場合もあります。
細部までしっかりチェックしておきましょう。

2.得点率
基本的に、どの学校も合否判定は
学力試験の得点+調査書(内申点)+その他加点対象の合計点 を基準に行われます。
ただ、学校やコースごとに得点率に異なります。よく確認しておきましょう。
塾の近くにある高校を例に挙げると、
茨木高校は
 学力試験の成績:調査書 = 7:3 の900点満点
北摂つばさ高校は
 学力試験の成績:調査書 = 6:4 の900点満点
での判定となります。
基本的に、上位層の学校になるほど、当日の試験の点数が重視される傾向にあります。

友だち追加

②いざ実践!

①で、自分の志望高校やコースの入試制度を確認し終えたら、
収録されている過去問題のうちで1番古いものを実際に解いてみましょう。
(問題用紙と解答用紙をコピーしておくと、何度でも繰り返し問題を解くことができますよ!)
この取り組みの目的は「今の実力を測る」ことです。
そのため、必ず試験当日と同じ教科順・試験時間で実施してください。
得点に関しては、まだ何の対策もしていないのにいきなり良い結果が出るはずもないので、
気にする必要はありません。
点数が良ければラッキー、良くなければこれからしっかりと対策を取っていきましょう!

③採点と解き直し

試験が終わったら採点を行いましょう。
点数は1枚の紙もしくはスマートフォンのメモ機能などにまとめておくと、振り返りやすいです。
採点が済んだら、間違えた問題の解き直しを行いましょう。
ケアレスミス以外の場合は
 間違えた問題 = 今、自分が理解していない問題 です。
解説をしっかり読み込んで、解法を理解したり、覚えていなかった用語を復習したりしましょう。

④分析

自分の志望校・志望コースの合格点最低点・合格基準点(※)と、自分の試験の点数を
比較しましょう。「自分が第1志望に受かるためにはあと〇点必要だ」と分かれば、
モチベーションも上がるのではないでしょうか。
また、試験結果から今自分が伸ばすべき教科や単元が自ずと見えてくると思います。
さらに、赤本の冒頭には「傾向・対策」というページがあり、ここを確認することで
これまでに出題された問題の傾向やその対策方法を簡単に知ることができます。
※合格点最低点・合格基準点について、学校・コースによっては赤本に載っていない場合があります。
 その際は、学校の先生やインターネットを使って調べてみてください。

⑤対策

志望校・志望コースのことや自分の今の状況がしっかり分析できたら、
それに合わせた対策を行っていきましょう。
ここからは、
過去問題 → 採点・解き直し → 分析・対策 → 過去問題 → 採点・解き直し → 分析・対策 → ……
の繰り返しになります。
過去問題については、基本的に古い年度から扱い、最新年度は入試に向けての最終チェック用に
置いておくことをお勧めします。
また、1度その年の問題を解いたらそれで終わりにするのではなく、
2周目、3周目と周回数を重ねて、問題慣れすると良いですよ。

◆まとめ

受験 入試 赤本 中学生 高校入試

赤本を購入したらやるべきことは以下の5ステップです。
 ①自分の志望校・志望コースの試験内容と得点率を確認する。
 ②一番古い年度の過去問題を教科順・時間を合わせて解く。
 ③解いたものを採点して解き直す。
 ④試験結果やこれまでの傾向等を分析する。
 ⑤分析結果から対策を考えて実践する。

その後は、過去問題 → 採点・解き直し → 分析・対策
のループを繰り返していきましょう。

友だち追加

この記事を読んだ方はコチラも是非!

効率重視!夏期講習の効果を上げる方法

【新学年対応】人に好かれる自己紹介。

勉強に必要なのは想像力。

成績が上がる子どもの特徴

公式LINEでいつでもお問い合わせできる

最新の記事はコチラ!

個別指導塾 名学館茨木水尾校

・住所: 大阪府茨木市水尾3-16-27
・電話:072-657-1719
公式LINE
Instagram