南堀江スクール 教育Lab. ブログ

2021.08.27 20:22
勉強方法

小学生から英文法を学ぼう!

こんにちは。
大阪市西区南堀江の個別指導塾 南堀江スクール 教育Lab.の山田です。

今回は当塾の英語学習を頑張ってくれている中1の生徒たちについてご紹介しようと思います。

彼らは小学校高学年から中1の英語学習を始めて、中学校に入学するときには中1の範囲の約半分をマスターしてくれていました。

そして現時点では、もうすでに中1の範囲を終えて中2の範囲に取り掛かっています。

なぜ彼らがそこまでまで積極的に英語に取り組み、習得することができたのかをお話ししようと思います。

英会話中心の授業との違い

小学校低学年から英会話スクールに通っている子たちはいますが、彼らがみんな英語が得意科目かというとそうでもありません。

知っている単語は多くてもスペルが書けなかったり、発音はできても書けなかったり、英会話スクールで身につけた英語はそのままではテストの点数にはなかなか結び付きません。

中学校の定期テストや入試で求められる英語力は、英会話レッスンの考え方・教え方とは異なります。

中学校で学習した英単語を覚えることと、文法を学ぶことは英語力の基礎を身につけるために重要であり、英会話をやっていてもやっていなくてもスタートラインは変わりません。

そういった準備を小学生の間に取り組んでいた彼らはむしろ、英会話中心の授業より有意義な時間を過ごしていたと言えるのではないでしょうか。

中1で英語の苦手意識の克服

中学1年生になって初めて英語にふれた時、アルファベットを書くのもほぼ初めて、単語が読めない、単語が覚えられないと言った原因から、英語への苦手意識が生まれることは少なくないと思います。

そして、中1の二学期になると文法の単元が始まります。ここも苦手科目になるタイミングです。

一般動詞の活用、三単現のS、複数形のSなどここでつまずいてしますケースもあるのではないでしょうか。

そしてこれらは学校の定期テストに影響してきます。

苦手意識を克服する前に授業が進んでしまい、テストでもいい点を取ることが難しくなってしまいます。

しかし、この範囲の学習を小学生のうちから取り組んでいると中学校に入ってからの流れは随分変わってくるのではないでしょうか。

学校のテストを気にすることなく、早いうちから将来必要になってくるスキルを身に付けることができます。

小学生のうちからコツコツと努力して単語力や文法の理解力を積み重ねれば、中学校に入学するときには、得意科目の1つになっていることでしょう。

中2の英文法は難しくなります!先取り英語が大切!

そしてさらに進めて話をするのであれば、テストや入試で英語を得点源にするためには、キーとなるのが中2で習う文法です。ここで押さえておけば、中3になっても、さらに高校で勉強する範囲にも柔軟に対応できる力をつけることができます。

英語は他教科よりも得意科目にしやすく、段階を踏めば必ず問題が解けるようになります。基礎をきっちり築いて、中3以降の授業や受験に備えることもできるでしょう。

話が戻りますが、当塾の生徒たち(中1)はもうすでに中1の範囲を終えて中2の範囲に取り掛かっています。

この状況を可能にしたのが、彼らが小学生からの中1の英文法を学習していたことだと思います。

小学生のうちから苦手意識を無くし、それ以降の流れをつくることが重要になってくるのではないでしょうか。

当塾では小学生の英語学習の他、英検対策なども行っています。

無料体験授業にお気軽にお越しください!

また、無料体験授業も行っておりますので、興味のある方は是非お越しください。

大阪市西区南堀江の個別指導塾 南堀江スクール教育Lab.
お問い合わせはこちらから!
06-6575-9957

(最寄り駅、西大橋駅、桜川駅、四ツ橋駅、心斎橋駅)