整心館[一乗寺校] ブログ

2022.08.11 09:08
京大生オンライン塾

【京大生オンライン】部活と受験の両立

この記事をシェアする

京大生オンライン塾の原田です!

今日は部活動と受験の両立について話していこうと思います。

①京大生は高校時代に部活をやっていたのか?

部活動に加入した新1年生の中には、

「部活動をやりながら受験勉強なんてできるのかな…?」

と不安になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、結論として京大生に部活をやっていた人は多いです。
私は地方の、

(一応、自分の県では最も偏差値の高い)三年制の公立の進学校に通っていましたが、

母校で今年、京大に受かった人を見ていると、

かなりの人が結構活発に活動する運動部に所属し、

高3の5月の大会で引退するまで、

部活をしていたようです。

私自身も、吹奏楽部に入っていて、

週5で活動し、高2の3月に引退しました。

高校の同級生には野球部で夏まで大会に出ながら、

京大受かった人たちもいました…

彼らは本当に凄いです。

②部活動をするメリットとは?

自分が吹奏楽に入ってて感じたものですが、3つあります。
①謎に達成感がある
自分は高2の3月の吹奏楽部の定期演奏会で引退しましたが、

引退直前期はスケジュールが全て、

部活関連で埋め尽くされていました。

普段は休みだった日が練習になり、一日練が増えました。

演奏以外にも、

演奏会で行う劇のハリボテや

劇の小道具作りで夕方まで作業をしていました。

忙しかったですが、

今でもその頃、他の部員との会話や、

冗談の一つ一つを覚えているくらい楽しかったです。

演奏会本番では感動で泣きそうでした。

終わったあとは高校の部活生活に悔いなし、

と気持ちよく受験勉強に移れました。

やり切った、という自信が着きました。
だから、部活が好きなら絶対に辞めないでくださいね。
②友達ができる
私はクラスにも友達がいましたが、

吹奏楽部の友達の方が長時間共にいることもあり、

より深い付き合いをしていました。

受験勉強では、友達の存在はとてもありがたいものです。

模試の判定が悪くても、

ありのままに語り合えるし、

一緒に自習室に行ったりもできます。

受験の直前期に、私は精神が不安定になりましたが、

部の友達と高校の図書室で勉強し、

昼食を共にすることで、不安さも紛れました。

友だち追加

③どのように部活と受験を両立していたか?

私は、「部活してない時は基本的に全部勉強する」

をモットーにしていました。
高校1年の頃から、

朝4時に起きて学校の授業の予習をしていました。

電車で往復1時間の通学では、

単語帳をめくり、4ステップを解きました。

夜は疲れるので、9時に寝ました。

休日は、これもまた4時に起きて勉強し、

午前の部活が終われば、学校の自習室に直行し、

夕方17時まで勉強して、家に帰ってもまた勉強をしました。

そのため、部活をしていても、

平日3時間、休日は6〜7時間の勉強時間を確保していました。

「部活で勉強する時間がない!」なんて声をよく聞きますが、

スマホ(ゲームやSNS)を封印すれば案外、

この位の勉強時間はとれます!

時間は作るものです!

◆まとめ
私が伝えたいのは、高校生は部活に入っても受験に全然問題ないので、部活で青春を送って欲しいということです。

何らかの部活をやっていると、

自分に自信がもてて、時間のマネジメント能力などで部活動が活きます。
それでは良い学校生活を〜

友だち追加

この記事を読んだ方はコチラも是非!

【海外在住の方向け】
世界のどこからでも受講可能です!

【京大生オンライン塾】
大反響!口コミ続々頂いています!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
演習量を増やして実力アップへ

【オンライン塾 口コミ 中学生】
他の塾の補強で受講。
学年を超えて高度な内容を学習中!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
海外から受講中。時差があっても大丈夫!

【オンライン塾 口コミ】
中学受験、英検、定期テスト対策に
受講してくださってます(中学1年生)

【オンライン塾 口コミ】
個別指導からオンライン塾に変更!
(中学2年生)

最新の記事はコチラ!


この記事をシェアする