整心館[一乗寺校] ブログ

2021.02.27 19:04
勉強(考え方・教え方)

映画やマンガを語ろう

アウトプットの重要性

こんにちは!

先生もお父さんお母さんも、教育に携わる人は誰もが

「どうやったら子どもが楽しく学んでくれるか」

と一度は考えますよね。

こもり、最近気が付きました。読書感想文ならぬ「映画感想文」「マンガ感想文」が良いのではないかと!

考察してみます!

読書感想文の効用

「本を読むこと」に重点が置かれがち

「国語力アップには読書」

昔も今もよく言われますよね。読書にはたくさんの効用があります。

  • 語彙力が増える
  • 文章の型やパターンに触れられる
  • 知識を得られる
  • アイデアが浮かぶ(ビジネス・自己啓発書)
  • 娯楽になる(小説)

でも個人的には、国語力アップという観点では、本を読むことにあまり意味はないんじゃないかなと思っています。

受身の読書では得るものは少ない

「語彙力を伸ばそう!」

「プロの作家はどんな文章を書くのか?」

など細かく意識しないと、どれだけ読んでも効果は薄いですよね

私もそうですが、読書して「あー、国語力上がったなぁ!」って思ったこと、ほとんどの人がないですよね。

結局、国語力を高めるために主体的に読書できる人はまずいません

ではどうすればいいか。結論、「アウトプット」です!

「読書」にこだわらなくてもいい

とにかくアウトプットが大事

真に力がつくのは、アウトプットです。

人に話したり、文章にしたり。

一番手軽なのが、感想文ですね。

そして感想文は、別に本ではなくても構いません。
マンガや映画、遊園地に行った感想でも良いです。

感想ではなく、おススメするためのレビューもありですね

保護者の方も、一度お子様とやってみてください!

【整心館一乗寺校】
京都市左京区一乗寺里ノ前町37
修学院第二小学校、修学院中学校、叡山電鉄一乗寺駅から徒歩3分

お問い合わせはこちらから!【公式LINE】

整心館一乗寺校
京大生オンライン塾