整心館[一乗寺校] ブログ

2021.02.27 20:59
勉強(考え方・教え方)

文章を書くのに苦労した話

文章を書く力

こんにちは!

先日、5000~6000文字程度の文章を書く機会がありました。

特別長くはないけど、ある程度まとまった分量です。

書き終わって読み返したときに、愕然としました

「頭悪そうに見える…分かりにくい…」

原因は「語尾」でした

です、ます連発はNG

語尾のバリエーション、いくつありますか

なぜ、出来上がった文章が読みにくかったのか

「同じ語尾を続けてしまっていた」

からです。

私は普段から、生徒に「同じ言葉は極力使わない方がいいよ」と言っています。

でも今回は、ある程度のボリュームがある文章を書く必要がありました。
長めに見て一文あたり50文字だとしても、100文はあったことになります。

改めて見返すと、7割の文章が「です・ます」で終わっていました。

対処法は

断定だけでなく、過去形、提案、受身など、様々な文法を駆使すること

どうやったら良くなるかな、と考えてたどり着いたひとつの結論が

複数の文法を使うこと

です。

です、ますの他に

現在形(します)、過去形(しました)、提案(しましょう、しませんか)、疑問(ですか)、予想(でしょう)

これくらいは押さえておいて、意識的に使えるようにしていきたいですね

こもりの最近の学びでした。
文章を書く際の参考にしてみてください!

【整心館一乗寺校】
京都市左京区一乗寺里ノ前町37
修学院第二小学校、修学院中学校、叡山電鉄一乗寺駅から徒歩3分

お問い合わせはこちらから!【公式LINE】

整心館一乗寺校
京大生オンライン塾