整心館[一乗寺校] ブログ

2022.09.11 18:40
京大生オンライン塾

【京大生オンライン】11月に志望校を変えて京大に合格した話②【地方公立進学校】

この記事をシェアする

京大生オンライン塾の原田です!

今回は、私が11月に志望校を京大に変更して、

その年の受験で無事合格を果たした話の続きをしたいと思います。

前の内容は、

浪人を前提として高い目標を目指させる進路指導によって、

私は暫定的に

志望校を東京大学理科一類にしていたが、

高3の模試でE判定かD判定しか取れなかった、

という内容です。

全体的に暗い話ですが、

おそらく、これが私の人生の最も苦しい時代です。

そう思えば、まだ気が楽です。

①9月、志望校変更を検討する

もともとそこまで東京に思い入れのない私は、

「夏の冠模試でダメだったら、さっさと東大から志望校変更しよう」

と考えていました。

なぜなら志望校変更も、

後になればなるほど、リスクが高まるからです。

そんな中、夏の東大の冠模試で、

最低の判定を取ってしまい、

ついに9月、東大志望をやめる旨を担任の先生に伝えようとしました。

しかし、そこで先生に「秋の模試までは頑張ろうよ」

と押し返され、

またずるずると東大志望で居続けることになりました。

このあたりから、

東大の赤本を週1のペースで解いてゆくことになりました。

②11月、ついに志望校変更を決意

そんなこんなで、

秋の東大オープン・東大実践を受験しました。

手ごたえとしては夏の冠模試と同じでほとんどなく、

「これはまたE判定だろうな」という確信が持てました。

ここで、やっと

もうこれで東大対策は終わりにしよう、

という決心がつきました。

当時、私はインターネットで

「秋 冠模試 E判定」といった言葉を検索し、

秋の冠模試E判定にはもう希望がないということを確認し、

また、二つの冠模試のうち一つがE判定であるのが分かり、

もう一つの冠模試の成績は見ることもなく

(見るのが普通に嫌だったからです笑)

京大志望になる決心をしました。

11月下旬でした。

高校では、複数人の先生に心配されました。

先生方からみれば、一年生の時から、

ずっと東大志望(のように見えていた)生徒が、

いきなり11月に志望校変更をしたのだから、

心配するのは当然のことと思われます。

何時間に及ぶ進路相談の上、

私は、東京および東大に興味がさしてないこと、

京大に本当に行きたいことを熱弁しました。

実際、「東大目指しておけば、京大には行けるようになる」

という考えでの東大志望でしたし、

私は、森見登美彦先生の小説をよんだり、

家族旅行で京都を訪れたりして、

京都の町に魅力をずっと感じていました。

言いたいことを全部伝えてしまうと、

とても心がスッキリしました。

こうして、晴れて私は京大志望になったのでした。

友だち追加

◆まとめ

母校でも見たのですが、

結構多くの生徒が学校の先生、

親、友達などの他者に流されて進路決定をしている気がします。

他者のアドバイスを聞いてみるのはいいのですが、

あくまで、

進路を決めるのはその人自身です。

私は、自分の意見をはっきり表明しなかったばかりに、

こんなにも進路決定が遅くなりました。

自分の人生を決められるのは自分だけ、

ということを身をもって実感しました。

また、今回の内容は高校の先生や、

東大をくさすような言い方になっているかもしれませんが、

先生方は素晴らしい方々ですし、

東大生も、東大も、

本当に素晴らしい大学だということは言うまでもないことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フリー素材などの画像

友だち追加

この記事を読んだ方はコチラも是非!

【海外在住の方向け】
世界のどこからでも受講可能です!

【京大生オンライン塾】
大反響!口コミ続々頂いています!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
演習量を増やして実力アップへ

【オンライン塾 口コミ 中学生】
他の塾の補強で受講。
学年を超えて高度な内容を学習中!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
海外から受講中。時差があっても大丈夫!

【オンライン塾 口コミ】
中学受験、英検、定期テスト対策に
受講してくださってます(中学1年生)

【オンライン塾 口コミ】
個別指導からオンライン塾に変更!
(中学2年生)

最新の記事はコチラ!


この記事をシェアする