整心館[一乗寺校] ブログ

2022.09.22 16:35
京大生オンライン塾

【京大生オンライン】下宿をしてみて感じたこと【大学生活】

この記事をシェアする

京大生オンライン塾の原田です!

大学進学に伴って、下宿をしようと考える人は

多いと思います。

私は、京都大学に進学するとき、

絶対に自宅から通うのは無理だったので、

アパートを借りて生活することにしました。

進学する前は、下宿って家事をしなければいけないし、

親に多大なお金をかけてしまうから

申し訳ないな…。

思っていましたが、

実際下宿をしてみると、下宿というものはとても楽しく、

また、とてもためになりました。
今回は、周りの京大生の話や、

自分の生活を通して

下宿について考えたことを書いて

行きたいと思います。

①下宿は自分の時間がたくさんできる!

京都大学に通う友人には、大阪や滋賀、奈良県など

隣接する府県から自宅通いをする人も多いです。

そんな友人たちからは、「下宿の人がうらやましい」

よく言われます。

なぜなら、京都府以外から通う人たちは、

片道1時間~2時間半かかる通学を毎日しなければならないからです。

これは、かなりつらいことで、

サークルで夜ご飯を食べたり、花火を鴨川でする、といった時も、

自宅通いの人は終電を考えて早く帰らなければならず、

バイトできる時間も下宿の人よりも短くなります。

下宿の人は、通学時間を節約できる分、

遊びやバイトに時間を回せるようです。

②下宿は家事スキルが身につく!

私は、高校までがり勉をしていたので、家事がほとんどできませんでした。

そのため、下宿はかなり不安でしたが、

京都大学に合格してからは急いで実家で家事を勉強して、

何とか今、料理、家事、洗濯を行えています。

人間、どうしようもない環境ではできるようになるみたいです。

一番自分がはまったのは料理で、

友達と外食しに行くとき以外の昼食・夕食は

すべて自分で作るようになりました。

今では、揚げ物も作ることが出来ます。

その結果、毎月の食費がとても節約でき、

ひと月1万円程度まで抑えられるようになりました。

(自分はレストランでもアルバイトをしており、

そちらでまかないをもらえるのもありますが)

友だち追加

③下宿は金銭感覚が身につく

高校までは、親にお小遣いをもらって、

そのお金から、欲しいゲームだったり、

友達と遊ぶお金をやりくりしていましたが、

私は大学生活では、

授業料以外は両親に援助してもらえないので、

いろんなお金を自分でやりくりする必要がありました。

何とか、民間企業の給付奨学金をいただくことが出来、

アルバイトをして、家計を回せるようになりました。

そうは言っても、お金に余裕はあまりないので、

日々自炊を心がけるようにし、

コンビニは割高なので使わないようになり、

毎日、これは無駄遣いになってはいないか、

ということを考えて行動するようになりました。

これは、高校までの自分ではほぼ考えたことがないことでした。

そうやって節約をしたお金で、

旅行(北海道に1週間!)行くことが出来たり、

ずっとあこがれていたブランドのワンピースを購入することが出来ました。

とても達成感がありました。

何だか、下宿で子供から大人になれた気がします。

◆まとめ

いかがでしょうか。

下宿をすると、何もかもが自由になるので、

自分の生きる力を伸ばすことが出来ます。

もし、経済的に余裕があるのであれば、

大学は一人暮らしをするのが

圧倒的にオススメだと、胸を張って言えます。

ぜひ、進学時には下宿を検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

友だち追加

この記事を読んだ方はコチラも是非!

【海外在住の方向け】
世界のどこからでも受講可能です!

【京大生オンライン塾】
大反響!口コミ続々頂いています!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
演習量を増やして実力アップへ

【オンライン塾 口コミ 中学生】
他の塾の補強で受講。
学年を超えて高度な内容を学習中!

【オンライン塾 口コミ 小学生】
海外から受講中。時差があっても大丈夫!

【オンライン塾 口コミ】
中学受験、英検、定期テスト対策に
受講してくださってます(中学1年生)

【オンライン塾 口コミ】
個別指導からオンライン塾に変更!
(中学2年生)

最新の記事はコチラ!


この記事をシェアする