名学館[星見分校] ブログ

2021.07.13 20:53
岡井のつぶやき

行ってきました【滋賀県立琵琶湖博物館】

琵琶湖博物館エントランス

久しぶりの遠足気分♪

こんにちは。茨木市の個別指導塾 優良塾 茨木星見分校の岡井です。
先日の休みを使って、久しぶりに「滋賀県立琵琶湖博物館」に行ってきました。大人になるとめっきり博物館に行かなくなりましたが、あまりに久しぶりすぎて、大人げなく、はしゃいでしまいました。

私の大学時代は滋賀県の大学に通っていたこともあって、滋賀県は私の第二の故郷だと思っています。
しかし、残念ながら、滋賀県といえばという質問にかえってくるのは、ほとんど決まって「琵琶湖」一択(笑)。
確かにそうなんですね。

それはさておき、この博物館は「琵琶湖」にテーマを置いたものとなっています。
自分の知らなかった一面を知られて、とても学びになった一日となりました。本日は、そんな琵琶湖博物館の一部をご紹介しますね。

龍は実在した!?

エントランスをくぐって、展示会場に入ると、いきなり大きな龍の展示物がお出迎え!落雷の効果音と相まって、すごい迫力でした。もちろん、龍は空想上の動物で、実在はしません。しかし、琵琶湖は昔から大雨が降ったりすると、すぐに水害が発生し、人々はこれを龍の仕業として考えていたようです。特に大きな災害時には、4メートル近くまで水位が上昇し、琵琶湖沿岸の村は飲み込まれたこともあったとか。今でこそ、整備が進んだことで氾濫こそ少なくなりましたが、その昔は水害件数も多く、氾濫を鎮めるために、なんと生贄となった人もいたという話も残っています。

そんな琵琶湖の土地から大型象の化石が出土しました。生物としてあまりの大きさに、これは龍の骨ではないかとも考えられたそうです。この象の骨を組み合わせて龍の骨格イメージまで作られたとか。龍は古来から水をつかさどる神様として、日本各地で祀られていますが、滋賀にもたくさんの龍に関連する神社が存在しています。当時の人からすれば、象よりも龍のほうが馴染みの深い存在だったのかもしれませんね。

琵琶湖に生息している様々な生き物

博物館の海洋生物コーナーでは、琵琶湖には魚や微生物を学ぶことができます。琵琶湖の水面から「見上げる」とこんな景色なのかと、とても新鮮な気持ちになりました。特に魚たちのトンネルをくぐる瞬間はとても気持ち良かったです。

ここに展示されている魚や貝類、微生物たちがそれぞれに、完璧なバランスで琵琶湖の生態系を守って生活しているわけですね。久しぶりにリアルな理科の学習ができたような懐かしい気持ちになれました。大人になってからの遠足もいいですよ!また行きたい!

みなさんも博物館へぜひ!
本日もお読みいただきありがとうございました!

【茨木市の個別指導塾 優良塾 茨木星見分校】
住所:大阪府茨木市星見町20-2
TEL:072-697-8755
茨木星見郵便局から東へ徒歩1分、平田中学校から徒歩3分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】