名学館[星見分校] ブログ

2021.03.06 19:14
学習のコツ

新年度に向けて何を学習すれば良いのか

学習画像

自分だけの学習ロードマップをつくる

こんにちは。茨木市の個別指導塾 優良塾 茨木星見分校の岡井です。
間もなく新年度がはじまります。新しい学年で学ぶ内容を先取りして学習することで、スタートダッシュを決められるかが掛かってきます。効率よく力をつけていくためにはどう学習すれば良いのかについて説明したいと思います。
効率的に学力をあげていくためには、「二種類の学習」が欠かせません。それは以下の二つです。今回はこれらを掘り進めていきましょう。

  • 通常授業による先行型学習
  • 季節講習による総復習

通常授業で先行型学習をする

普段、塾の通常授業で学習している内容は学校の内容を先取りした、いわば予習にあたります。学校で習う内容を予習しておくことで、学校で実際にその単元の学習に入った際に、より理解を深めることができます。

但し、塾で習った内容も自宅や塾の教室に来て復習をしなければ、定着しません。公式なども使わなければ、やがて忘れていってしまいます。先行して学習した内容を、もう一度自分で見直す復習のクセを付けるようにしましょう。

塾で学習して、自分でも復習することで単純にその単元を二度学習することになります。また、学校で改めてその単元を習うと三度目になります。周りの生徒がはじめて習う単元をこれで三回も学習することになります。結果的に定期テストの点数も、一回しか学習していない生徒よりも見込めることでしょう。

通常授業は定期テストで点数を上げるためにあります。しかし、自習による復習がなければ成績アップは難しくなってしまうことも理解しておくようにしましょう。塾に行っているし自分は安心だという甘い考えは捨てましょう。結局塾で学習したうえで自習も努力した先に成績アップがあります。

季節講習で総復習をする

人間は定期テストが過ぎ去ると、喉元過ぎればなんとやら、どんどんと忘れていってしまいます。学習した内容をしっかりと定着化させるためには、徹底した復習が必要となります。この総復習のために季節講習というものがあります。

前学期で習った内容をもう一度見直し、苦手意識のある単元の穴を埋め、定着化を目指します。そして、これを繰り返していくことで「受験対策」になっていくわけです。つまり、季節講習とは総復習であり、トータルで見た場合は受験勉強でもあるということですね。

この予習と復習を繰り返していくことで、着実に成績アップを見込むことができます。ただ闇雲に学習するだけでは、時間の浪費につながる危険性もあります。そのために、自分自身の学習ロードマップは必要不可欠です。もしも作成の仕方がわからない、今の学習では不安だという方はいつでも相談にのりますので、ご一報ください。いつでも喜んで対応させていただきます。

本日もお読みいただきありがとうございました。

【茨木市の個別指導塾 優良塾 茨木星見分校】
住所:大阪府茨木市星見町20-2
TEL:072-697-8755
茨木星見郵便局から東へ徒歩1分、平田中学校から徒歩3分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】