名学館[星見分校] ブログ

2021.01.30 19:54
苦手科目克服

多くがつまずく定番問題

数学を学習する高校1年生
この記事をシェアする

食塩水の問題、速さの問題、割合etc…

こんにちは!茨木星見分校の岡井です。
算数・数学の問題で、多くの生徒が苦手な問題があります。
その筆頭が文章問題ではないでしょうか。
計算自体はできるけれども、文章から式に起こすことができない。
こういった生徒が本当に多い気がします。

たとえば、私の生徒で中一から見てきた生徒がいますが、
彼もまた大がつくほど文章問題が嫌いな生徒でした。
しかし最終的に彼が高校を受験する頃には、文章問をスラスラと
解けるようになっていました。

どうして彼はそうなれたのでしょうか。
彼は先ず解く際の考え方(アプローチの仕方)を学びました。
つぎに似たような問題を何度も何度も反復して「練習」をしました。
すると、やがて問題パターンを理解することができます。
結局、あとは数字が変わるだけということが分かれば、
苦手意識もなくなりました。

最初に私が彼を見たとき、彼の数学の成績は7割に満たない点数でした。
総合も6割程度といったところでした。
しかし、最終的に5科目総合で400点を突破するまでになり、
特に数学は90点を優に超えていく結果を出せるようになりました。
練習をすれば、問題慣れすることができ、そして結果として
このパターンの問題は解けるという「自信」につながります。

今は苦手でも、かならず解けるようになります。
不安や苦手な単元があれば、いつでもヒントを学びに来てください。
本日もお読みいただきありがとうございました。


茨木星見分校
住所:茨木市星見町20-2
電話:072-697-8755

この記事をシェアする