名学館[星見分校] ブログ

2021.05.18 21:25
学習のコツ

テストで200点アップの成功例

学習

今の成績を大きく伸ばすために

 こんにちは。茨木市の個別指導塾 優良塾 名学館茨木星見校の岡井です。まもなく平田中学校では中間テストが始まります。特に中学一年生の生徒のみなさんは中学進学後はじめてのテストとなり、どう学習を進めればよいか、わからないということもあるでしょう。過去、星見校には、中一終了(入塾時)時点に五教科で200点を切るくらいの成績だったのに、頑張って、中三時にはコンスタントに400点を取れるようになった生徒がいました。入塾前から実に200点アップです。

 その子はどう学習を進めたのでしょうか。振り返ってみて、その子が成績を上げるうえで重要な要素になったと思えることとして、以下の二点を挙げることができます。もちろんこれがすべてではないのですが、本日はこの二点に絞ってお話させていただきます。

  • 自分の得意科目を見つける
  • 学習ロードマップを作成する

自分の得意科目を見つける

 得意科目といっても、特にまだ一度もテストを受けたことがないような中学一年生の生徒の皆さんは、得意科目が何なのかすらわからないかもしれません。簡単に判断するとすれば、たとえば、「なんでも勉強していいよ」と言われて無意識に学習している科目といったら良いかもしれません(笑)。人は苦手科目は後回しにしがちな人が多いように思います。

 結局すべての科目をバランスよく学習する必要があるのですが、そのなかでも特に自分が一番学習に取っ付きやすい科目を見つけることができれば学習のスイッチを入れやすくなります。どうしても学習が進めにくいと感じたら、その科目から手を付けるなど工夫することができます。

 また、幸いにして得意科目を見つけられた人は、その科目をとことん追求していきましょう。私はこのことを「尖らせる」と言っています。英語でも数学でも社会でも構いません。とにかく、自分の得意とする科目が見つけられた人は強みにしていきましょう。「どんなに難しい問題が出されたときでも自分であれば○点は取れるはずだ」と計算できるくらいにまでなれれば、しめたものです。

 得意科目は総合点を考えたときに、比較的苦手な科目を補ってくれることが多くあります。自分はどうしても英語が苦手だという生徒がいたとします。毎回50点くらいが関の山だとします。しかし、どんな問題が出されたとしても数学で90点は取れるとすれば、平均すると70点になります。このように、一つの科目でも尖らせることで武器にすることができます。ぜひ、自分の得意科目が何なのかについて考えてみましょう。ちなみに上で挙げた200点アップの生徒は数学では、ほぼ満点近い点数を出せていました。「数学では」ですが(笑)。

学習ロードマップを作成する

 定期テストが近づいてきたといっても、ただ闇雲に学習を進めたところで、なかなか成績アップを望むことはできません。もう一つ大切なこととして、学習のロードマップを作成するというものがあります。これはどういうものかというと、何の科目でどのくらい点数を取りたいのか、そしてそのためには何の科目にどのくらい時間を割くのか、ということを自分で把握し、そしてスケジュールを立てるということです。

 ところが、これがなかなかそう簡単にできることではありません。今回のテスト範囲はどこからどこまででとか、主にどの単元が多く出題されるのか、その単元を考えると自分は得意か苦手なのかということを踏まえて、学習に強弱をつけてスケジュールを立てます。できているところはそれほど学習時間は割かなくても良いし、できていないところや、ボリュームの多いところは必然的に学習量が必要になってくるでしょう。

 こうしたことを踏まえて、できれば二週間前くらいから準備をはじめている生徒が比較的よく出来る子には多い気がします。やはり、準備が大切ですね。まもなく定期テストがはじまりますが、しっかりとロードマップを組み立てて学習に取り組まれ、納得のいく成績を勝ち取りましょう!

 本日もお読み頂きありがとうございました。

【こちらのブログもチェック!】

今年の定期テストを勝ち抜くために

目標から逆算して学習する

テスト対策の様子

【茨木市の個別指導塾 優良塾 名学館茨木星見校】
住所:大阪府茨木市星見町20-2
TEL:072-697-8755
茨木星見郵便局から東へ徒歩1分、平田中学校から徒歩3分

 

優良塾のお問い合わせはこちらから!【公式LINE】