名学館[星見分校] ブログ

2021.01.16 21:54
苦手科目克服

よくある勘違い

冬期講習を受講する中学生

文字式と方程式の計算

こんにちは!茨木星見分校の岡井です。
よくある勘違いとして、文字式と方程式の計算を混同していることがあります。
たとえば、以下のような問題があったとします。

次の文字式を計算せよ
3x + 5x – 6x

言うまでもなく、こたえば「2x」ですね。

では次に、この方程式を解いてみましょう。
-0.3x – 1.2 = 2.2x + 3.8

両辺に10をかけて

-3x – 12 = 22x + 38

移項して

25x = -50

両辺を25で割って x = -2 

この計算をした後で以下の問題を見て下さい。

次の文字式を計算せよ
-0.3x – 1.2 + 2.2x + 3.8

ここで勘違いをする生徒が非常に多いのですが、
方程式のときと同様に、全ての項に10を掛ける生徒が出て来ます。
綺麗な整数になるので、掛けたくなる気持ちもわかりますが、
これは文字式なので、あるがままに計算です。

したがって「1.9x + 2.6」となります。

このように、方程式は文字式を習った後に、習う単元ですが、
過去の単元に戻ったときに同じ考え方を持ち出してしまうと間違いです。
こうしたひっかけ的な問題にも順応できるように、日頃から気を付けて取り組んでいくようにしましょう。

間もなく冬期講習も終盤にさしかかろうとしています。
間違えてしまうポイントは、個々にあると思います。
今のうちに徹底復習して、春のスタートダッシュに備えましょう。
本日もお読みいただき、ありがとうございます。


大阪府茨木市の個別指導学習塾 茨木星見分校
住所:茨木市星見町20-2
電話:072-697-8755